13万キロ走行のサスペンションを交換した。

  通勤に使用しているフィットハイブリット(型式GP1)が、車検を前に13万キロ到達しました。少し以前から、最近路面の段差を超える度に、金属が擦れる異音がしており、「いよいよ交換か乗り換えが必要か?」との考えが頭をよぎりましたが、優雅な独身貴族や、子育て完了組でもない事から、車ごときに二百マン近くも投入するわけにはまいりません。昔、車両入替検討の為、訪れたディーラーで営業に言われた「車なんかは買い替えなんかせずに、チョコチョコ直して乗れば一番安く使えるんですよ!」の言葉を思い出し、車両入替は断念する事になりました。近く車検が近づいていた事もあり、足回り一式交換費用をいつも利用しているホンダディーラー工場へ見積依頼を掛けましたが。。。結果、サスペンションはスプリングコイル組み込みアッシー交換(こちらの方が1万程安くなるとの事),ゴムブッシュも含めた一式交換約28万近いとの見積もりを頂きました。(頂いた見積もりは丁寧にお断りし、車検のみの依頼としました。)やはり、ディーラー系工場では安全・安心を優先する為か、少しお高めになる傾向があるみたいかなと感じました。経年経過した車両にどこまでコストをかけて修理するのか?判断が付きにくい所ではありますが、

 ただ、足回りからの異音は解消されていない事から、何らかの対策は必要と考えており、いかに安く目的を達成出来るのか、様々なブログを拝見させてもらいました。

目 次

交換で症状改善されるのか?

 ディーラーへ見積もった際に、交換でホントに異音が改善されるのか念押ししたのですが、責任は持てないとのあいまいな返事を頂きました。町工場でなくメーカー系列のディーラーへ点検に出す理由は、高い工賃を取る代わりに不具合カ所の特定などが難しい修理をプロとして行えるとの信頼から、点検に出していたのにも関わらず、まるで他人事の様な対応をされ困り果てました。やはり、古くなった車両はメンテなどせずに買い替えて貰えた方が、入替による売り上げと、今後のメンテナンスもオイル交換等の簡単なもので、一定期間売り上げを上げやすいので、修理に力を入れてないのかもしれません。やはりここは、車両管理の自己責任において部品交換を行う必要があると痛感しました。

交換部品をどれにするか?

 交換にあたっては、出来れば純正部品を使用したかったのですが、先の見積もりから金額的に難しい為、社外品にて交換を行う事にしました。今回の様なケースでは、他の方は「KYB株式会社 ニューSRスペシャル」がお勧めとの記事が多く見受けられました。

        f:id:hikyosyua:20210327182505p:plain

 

  KYBのHPでは以下の内容が説明されてました。走行距離も増え新車時のようなシッカリ感が減ってきた?

  • 走行距離が5万キロ以上、新車登録か5年以上年以上のどちらか該当したならば先ずは点検を!
  • クルマがフワフワと揺れる、左右にハンドルが取られるなど走行が不安定に感じる。
  • エコ走行重視、でもタイヤが偏減りや異状磨耗して持ちが良くない。
  •  
  • NEW SR SPECIAL装着のメリット 
  •  
  •  一般走行での安定感が向上
  • f:id:hikyosyua:20210327183709p:plain
  • ノーマルより若干高められた減衰力特性により、通常の一般走行での上下の凹凸で発生するスプリングの動きを抑制。乗り物酔いのしにくいフラット感のある走行状況をキープします。

コーナリング時のラインをしっかりキープ

f:id:hikyosyua:20210327184043p:plain

コーナリング時のスプリングの伸び縮みスピードを抑えることによって、車体のロールが抑制され、外側のタイヤにかかる負担を軽減、内側タイヤのグリップも生かしたスムーズなコーナリングラインが得られます。

高速走行時の安定性とスムーズなレーンチェンジ

 f:id:hikyosyua:20210327184243p:plain

高速道路の微妙なうねりによるスプリングの動きを抑制し、安定感のある高速走行を実現。
レーンチェンジでも余分な揺り返しを防ぎスムーズに行うことができます。

 

ブレーキ制動力の向上

f:id:hikyosyua:20210327184332p:plain

ブレーキング時にフロントにかかる重量移動を抑制することで、フロントダイブを防ぎ、フロントとリアのブレーキがバランス良く効きしっかりした制動を実現。これにより制動距離も短くなります。

 

 この説明では、ショックアブソーバ単体交換のみで異音の解消の目的に該当するのか不明ですが、HPの説明の症状は、現車両にすべて当てはまったため、「KYB株式会社 ニューSRスペシャル」へ交換する事で決定しました。

 

作業可能な店を探す。

 交換する部品の候補は決まりましたが、次は取付出来そうな店を探す必要がありました。昔、車の改造パーツなどの取付をやっていた「コクピット」なる店が近くにあった事を思い出し、ネット購入で持ち込み取付可能か聞いて見ました。店主の話によると持ち込みの場合は工賃が割高になる為、殆ど大差ないとの話でした。まぁ、商品側で利益を乗せるか、工賃側で利益を乗せるかのどちらかになるのでしょうから、取替してもらう事には変わりないので、少しでも手間を減らすため、そのまま注文と致しました。ちなみに、現在は店名がかわっていた為、理由を聞くとオーナーチェンジすると「コクピット」を名乗れないそうです。コクピットはブリジストンが親会社で、前オーナーとフランチャイズ契約で名前貸しをしていた為、この契約は引き継げないのでこの様な方法を取っているとの事でした。

 

車両預入にて交換が完了!

  交換前の写真は撮り忘れたので、交換後の写真で説明します。今回交換したものは、フロントサスペンション、リアサスペンション、フロントラバーブーツ、フロントアッパーマウントゴム(上下)、スプリングシート、フロントアッパースプリング受けとなりました。

f:id:hikyosyua:20210327162024j:image

 

 フイットは特にフロントアッパーマウントゴムが劣化しやすく、そのままだとマウントの上下で隙間が空き音が出やすいとの事でした。確かに見た感じは若干潰れてている様に見えました。


f:id:hikyosyua:20210327162048j:image

 

 取付最中の写真がないので、フロント側の交換後写真です。

 
f:id:hikyosyua:20210327162104j:image

 

 こちらはリアの交換後写真になります。


f:id:hikyosyua:20210327162129j:image

 

交換後の症状と乗り心地

 交換後の症状についてですが、異音は見事に消えました特に早朝など気温が低い時点での走り出し時、わずかなギャップを乗り越えるだけで、出ていた異音が、交換後全くしなくなりました。成功です!また、乗り心地についても、レーンチェンジの際の車体の揺り戻しが殆ど発生しなくなり、サスペンションがしっかり仕事している事が分かります。ここまで体感できると、交換したかいがあったものです。

 ちなみに、交換費用は、部品代+アライメント込みで税込み10万程度となりました。これで、後20万キロ程度までは走れるかなと思案中です。やってよかった!