エナセーブRV505へ交換

 タイヤを交換しました。フリードハイブリットは、購入時タイヤ交換出来ておりませんでした。購入時点で装着されていたタイヤは、ブリジストンplayz px-rvでした。製造年は2018年と約5年程経過しており、接地面のゴムの剥がれとサイドウォール部分のヒビが目立っており交換に至る判断となりました。今回交換にあたってもっとも重視したのは、低燃費性能です。

タイヤの選定

 タイヤの選定にあたって各メーカーのミニバン用タイヤを調べて見ました。候補としては、以下の3社を候補に挙げてました。

 ・ヨコハマ BluEarth-RV03

 ・ダンロップ ENASAVE RV505

 ・ブリジストン playz px-rvⅡ

交換にあたって重視するのは燃費性能なので、次に各社の性能ラベリング比較をしていきました。

            転がり抵抗    ウエット性能    実勢価格
 RV03             A          A        9,000円程度
 RV505          AA           A        9,000円程度
    PX-RVⅡ            A          B            12,000円程度
    PX-RV(参考)  A          B            14,000円程度

playzは、求める性能と価格の面から候補外となりました。今回は、価格と燃費性能に影響する転がり抵抗の面から、ダンロップエナセーブRV505に決定しました。最近は購入後、交換してもらう店にタイヤを送れるサービスがあります。■株式会社オートウェイ■ のサービス等を利用し、購入して交換する店に送ると一層手間がかからないと思いますので上手く利用されてはいかがでしょうか。。

交換作業

 交換は以前フィットで作業を御願いした店に依頼しました。

www.ticker-plsu.com

 交換作業時間は、およそ1時間半程度。交換時はあいにくの天候で、早速ウエット性能の確認が出来ました。およそ60キロ程度走行後のブレーキングの感じですが、ブレーキング時の止まる直前の滑る様な感じがなくなり安心して乗れる様に感じました。

f:id:hikyosyua:20220925131437j:image

f:id:hikyosyua:20220925131449j:image

f:id:hikyosyua:20220925131501j:image

f:id:hikyosyua:20220925131512j:image

 走行時の走行音ですが、こちらも感覚的に静かになっていると感じました。特に路面状態が悪い部分での走行で音が小さくなっている様に感じました。今までは、走行音の増大で速度が出ている状況が感覚的に分かっていたのですが、交換後は、スピードメーターで確認しないと速度が出過ぎる場面が多くなりました。

交換後の燃費

交換前後の燃費比較としましては、下記の通りになってます。

 (交換前)  平均17.3Km/L(3回給油)

  (交換後)   平均17.9Km/L(2回給油)

 僅かですが、燃費向上してました。ただ交換後は気温が低下傾向にありエアコンの使用が少なくなった影響も考えられるため、もう少しデータを集めなければ判断出来ないと考えてます。今回交換したダンロップエナセーブRV505の感想でしたが、ミニバン用タイヤを購入検討される方への参考になれば幸いです。

(追記)交換後、約一年間の平均燃費を取った結果、16.4Km/Lで落ち着きました。冬場のエアコンが大きく響いてます。エアコン不使用時期は、17Km/L半ばで推移してましたので、性能の低下は余り考えなくて良いと思います。